×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食餌療法によるダイエット

ダイエットとは、健康や美容などを目的として、ダイエットやエクササイズ(運動)、器具や手術などの方法を用いて、
より細い体型を目指して行動を起こすことです。
あるいは行動している状態、または既に細い体型である状態の事もダイエットといいますね。。
筋肉は脂肪よりも単位体積あたりの質量が大きいので、同じ体重であってもその比率が異なると、体型も異なってきます。
同じ身長で、体重がより大きいにもかかわらず、体型が細くなることもあります。つまり「引き締まっている」と表現されることもあります。
ダイエットは、美容のための「手段の一つ」で、減量は、ダイエットのための「手段の一つ」です。


ここでは、ダイエットの食餌療法について理論武装しましょう。^^

スポンサードリンク

食餌療法によるダイエット(1)

ダイエットの基本的な考え方は、次のような天秤に例えられます。

「食餌による摂取カロリー」(左側)<「基礎代謝による使用カロリー+運動や活動による使用カロリー」(右側)

天秤の左側である「食餌による摂取カロリー」を減らすことにより、体重を減少させ、結果としてダイエットを期待するというものです。
天秤の右側にある「基礎代謝」は、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)
行われている活動です。
当然エネルギーを必要とします。消費されるエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、
一日に約1200キロカロリー(kcal,Cal)とされています。

食餌療法によるダイエット(2)

ダイエットの際に注目すべき栄養素は、
「脂肪」
「炭水化物(糖分)」
「たんぱく質」
です。1gあたり、脂肪は9キロカロリー、炭水化物は4キロカロリー、たんぱく質は4キロカロリーです。

ゆで卵ダイエット、りんごダイエット、豆腐ダイエットなどのように単一食品やほとんど単一の栄養素によるものをひたすら食べ続けるものや、
米(炭水化物)のみを全く摂取しないなど、特定の栄養素のみを欠く形のダイエットもあります。
しかし、栄養素の極端な偏りは、一時的なダイエットや体重の減少の目的には適っても、場合によっては生命に関わるほど健康を損ねたり、美容を損ねることもあります。

サプリメントを服用することにより、食事の内容や量、バランスを変化させたのと同様の効果を発揮する(と謳う)ものがあります。

サプリメントは大きく分けて、次の2種類となります。
「通常の食事の代わりに服用して満腹中枢を満足させる(結果として摂食量の減少が期待できる)」
「通常の食事中に含まれる、熱量となる栄養素の一部を対外に排出する」

参考文献: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





Copyright © 2008 ダイエット理論化武装〜食餌療法